広田千悦子の仕事

日本の行事、季節の愉しみ、和のこと、和服、縁起物。日々の暮らしの中にあるたからものなどを絵と文で綴る作家。うつわ、ことばの作家。中日新聞・東京新聞の連載「くらし歳時記」は10年目。東京新聞や雑誌などで連載多数。著書は25冊。 「おうちで楽しむにほんの行事」(技術評論社)はロングセラー。「知っているとうれしいにほんの縁起もの」(徳間書店)「ほんとうの和の話」(文藝春秋)など  お仕事のご依頼はこちら saijikist*gmail.com(*を@にかえて下さい)

2016年09月

「広田千悦子のお話会&季節のワークショップ」お知らせ


13419245_734098826729761_1714721629294211931_n














鎌倉「きものせいた」で「広田千悦子のお話会&季節のワークショップ」(第八回)を開催します。

「菊の力のお楽しみ」(菊の節句の話や菊の薬玉と着せ綿づくりワークショップ)
日時・10月3日(月) 16時30分〜18時30分
参加費・¥3240
会場・きものせいた2解 鎌倉市小町1−7−2
お申し込みは店頭またはお電話で直接お願いいたします。
☎︎0467−22−9230
詳細はこちらをご覧ください。

「五穀屋」のブースへ


P9160008















代々木第一体育館で開催されている「rooms」へ。約500ブランドのブースが出店していました。その中で広田千悦子がアドバイザーをつとめる「五穀屋」のブースへ。和菓子のネーミングやしおりなどを広田千悦子が担当しています。「五穀屋」はうなぎパイの春華堂の和菓子ブランド、都内では銀座の「松屋」地下一階にお店があります。
P9160005






















P9160031 






















P9160014 

新刊のご案内「鳩居堂の歳時記」

_SX398_BO1,204,203,200_





















9月 29日に新刊「鳩居堂の歳時記」(主婦の友社)が発売になります。
広田千悦子の文と絵で構成。アマゾンで予約はじまりました。

「くらし歳時記」の連載より「天の川」


P9110009









東京新聞中日新聞に連載「くらし歳時記」より。写真・
広田行正 文・広田千悦子 「天の川」連載開始からあと少しで10年目に入ります。生活面に掲載。








 
ギャラリー
  • 広田千悦子の新サイトオープン
  • 「銀座三越」B2階に書とことば
  • 「銀座三越」B2階に書とことば
  • 「銀座三越」B2階に書とことば
  • 「銀座三越」B2階に書とことば
  • 「銀座三越」B2階に書とことば
  • 「銀座三越」B2階に書とことば
  • 「銀座三越」B2階に書とことば
  • 銀座三越にて広田千悦子監修「初秋の愉しみ」開催中。