広田千悦子の仕事

日本の行事、季節の愉しみ、和のこと、和服、縁起物。日々の暮らしの中にあるたからものなどを絵と文で綴る作家。うつわ、ことばの作家。東京新聞の連載は8年目。東京新聞や雑誌などで連載多数。著書は25冊。 「おうちで楽しむにほんの行事」(技術評論社)はロングセラー。「知っているとうれしいにほんの縁起もの」(徳間書店)「ほんとうの和の話」(文藝春秋)など  お仕事のご依頼はこちら saijikist*gmail.com(*を@にかえて下さい)

2013年03月

新刊のご案内。

_DSC8568
















15冊目の新刊が3月21日に発売になります。
「くらしを楽しむ七十二候」です、アース・スターエンターテイメントより発売されます。
アマゾンでは予約受け付け中。
文・イラスト、広田千悦子 写真・広田行正

 

新刊の打ち上げパーティーにて。


写真




























新刊「ほんとうの和の話」(文藝春秋)の出版打ち上げパーティーが丸ビル36Fの「アンティカ オステリア デル ポンテ」で行われました。編集者さんとデザイナーさんたちとイタリア・コース料理に舌鼓、そしてデザートではうれしいサプライズが♪ 
ギャラリー
  • 広田千悦子の新サイトオープン
  • 東京新聞・中日新聞の連載「くらし歳時記」
  • 東京新聞・中日新聞の連載「くらし歳時記」
  • 「七十二候で楽しむ日本の暮らし」が重版されました!!
  • 「七十二候で楽しむ日本の暮らし」が重版されました!!
  • 本日「SALUS」発行
  • 「家庭画報6月号」に掲載されています。
  • 「家庭画報6月号」に掲載されています。
  • 「家庭画報6月号」に掲載されています。