広田千悦子の仕事

日本の行事、季節の愉しみ、和のこと、和服、縁起物。日々の暮らしの中にあるたからものなどを絵と文で綴る作家。うつわ、ことばの作家。東京新聞の連載は8年目。東京新聞や雑誌などで連載多数。著書は25冊。 「おうちで楽しむにほんの行事」(技術評論社)はロングセラー。「知っているとうれしいにほんの縁起もの」(徳間書店)「ほんとうの和の話」(文藝春秋)など  お仕事のご依頼はこちら saijikist*gmail.com(*を@にかえて下さい)

お盆のお供えもの

今年もお盆がやってきました。
精霊にお供え。お迎えし、もてなし、お見送り。 旅立った方々や目に見えないものに想いをはせる数日間。
お正月とともにあらゆる祈りに包まれるとき。
いずれ旅立つ時に悔いのないように、できることはひとつづつやっていきたいと
自らを振り返るのにちょうどいい時間でもあります。

IMG_9389

「七十二候を楽しむ日本の暮らし」(角川ソフィア文庫)が読売新聞で紹介されました。


securedownload 























「七十二候を楽しむ日本の暮らし」(角川ソフィア文庫)が6月7日の読売新聞の書評欄で紹介されました。広田千悦子の文とイラストで構成。
今日の七十二候 は
「蟷螂生ず」 二十四節気は「芒種」kindle版も同時発売中です。

1









































Scannable の文書 (H27-06-07 12_27_45)-3









































Scannable の文書 (H27-06-07 12_27_45)-4

東京新聞・中日新聞の連載「くらし歳時記」より


スキャン 





 
 



端午の節句といえばかしわ餅、北海道には「べこ餅」という餅菓子を食べる地域があります。「べこ餅」美味しいですよ♩

中日新聞、東京新聞の連載「くらし歳時記」より。
文・広田千悦子、写真・広田行正。連載開始から8年8ヶ月。

電子版もはじまっています。

「おうちで楽しむにほんの行事」の中国語版が発売!


_DSC6544 













広田千悦子・文&イラストの「おうちで楽しむにほんの行事」(技術評論社・18刷・9万部)の中国語版が出版されました。表紙のデザインは新しくなりました。

表参道に「うなぎパイ カフェ 東京」がオープン!!


名称未設定 1 














本日、表参道にうなぎパイ専門店「うなぎパイ カフェ 東京(UNAGI PIE CAFE TOKYO)」オープンしますーーー♩
浜松にある「うなぎパイファクトリー」の10周年記念プロジェクト、ここでしか食べれないうなぎパイスイーツなどもあります。
広田千悦子はうなぎパイの春華堂の新ブランド「五穀屋」のアドバイザーを担当しています。

 

節分の縁起もの

写真 (20)続きを読む

稲穂の山の実のお正月飾りづくり。


_DSC7862
 













稲穂いなほと山の実の
お正月飾りづくり。

お正月に訪れて新しい年をもたらすお正月の神さま、年神様としがみさまを家にお招きするためのお飾りを作ります。古の人たちはその土地の聖なる草木をいただきに山に入り、日本人の大事な主食であるお米をもたらしてくれた稲わらを使い神さまの宿る場所、依代よりしろとしました。季節の行いは地域や時代により様々な違いがありますが、自由に旅をできるようになり、いのりも人それぞれ多様化する現代。古から伝わる由来、基本の大事なところをあらためて学びつつも、その家それぞれの願いをこめた古くて新しいお飾り作りましょう。


料金/大人¥2500小学生以下¥1000(材料費込、季節のつまみもの、飲み物付き)
場所 「秋谷四季」 神奈川県横須賀市秋谷2−14−18
●逗子駅より2番バスで約30分「秋谷」で下車3分
●お車の方は立石の駐車場(無料)から徒歩約8分
●お車の方は細谷釣具店(有料) から徒歩約3分
 

2014.12/27(土)午後13時〜15時
2014.12/28(日)午後13時〜15時

どちらかお選びください。

申し込みはこちらのフォームから

 

講師 広田千悦子 ひろたちえこ

文筆家。日本の文化・歳時記研究家。うつわ・ことば・絵の作家。新聞や雑誌でコラムと挿絵を連載中。企業アドバイザー。ラジオメディアなどに出演し、著書『くらしを楽しむ七十二候』(アースエンターテイメント)『ほんとうの和の話』(文藝春秋社)『口福だより』(小学館)など22冊。『おうちで楽しむにほんの行事』はロングセラー。

_DSC7870















■お正月と季節のお話。

日本文化・歳時記研究家の広田千悦子が、お正月飾りについてなど、お正月にまつわる話、季節について話します。年の終わりに気持ちを整えて新年を迎える準備にどうぞ。

■縁起のいい草木でお正月飾りをつくる。

古の人々は山の方から神さまはやってくると考えていました。できるだけ自然の素材、縁起のいい草木や実を使ってしめ縄をつくり、輪飾りにします。それぞれの願いを込めて山の実、葉をつけて。

秋谷四季の庭から、里山からの素材を使って。松、南天の実、南天の葉、椿の葉、榊、トベラの実、野ばらの実、サルスベリの実、稲わら(無農薬の石川県の稲わら)など。


■季節のつまみもの。
季節の旬のつまみもの3品ほど。温かいお飲み物つきです。

_DSC7841

中日新聞・東京新聞の連載が8年目になりました。


10389704_733386140073644_3693120087171250715_n

















中日新聞・東京新聞に連載中の「くらし歳時記」が今月で連載8年目に入りました。
写真・広田行正 文は広田千悦子です。
毎週月曜日の朝刊に掲載されています。
作家・広田千悦子facebookできました。



宝島社「大人のおしゃれ手帖」の連載記事


只今発売中の宝島社「大人のおしゃれ手帖」の連載記事です。
「和ごころ七十二候」 広田千悦子のエッセイで構成。
毎月の連載です。
作家・広田千悦子のfacebookページできました。
_DSC3697 


































_DSC3699 

「CNN english express」の連載記事


「CNN english express」(朝日出版)の連載
「おもてなし英語 外国人に伝えたい和のこころ」
広田千悦子の文と絵で構成。 文が英訳になっています。
毎月の連載です。

_DSC3693
































_DSC3696 
ギャラリー
  • 広田千悦子の新サイトオープン
  • 本日「SALUS」発行
  • 「家庭画報6月号」に掲載されています。
  • 「家庭画報6月号」に掲載されています。
  • 「家庭画報6月号」に掲載されています。
  • 「家庭画報6月号」に掲載されています。
  • 25冊目の新刊「くらしを楽しむ七十二候 」発売!!
  • 25冊目の新刊「くらしを楽しむ七十二候 」発売!!
  • 25冊目の新刊「くらしを楽しむ七十二候 」発売!!