広田千悦子の仕事

日本の行事、季節の愉しみ、和のこと、和服、縁起物。日々の暮らしの中にあるたからものなどを絵と文で綴る作家。うつわ、ことばの作家。東京新聞の連載は8年目。東京新聞や雑誌などで連載多数。著書は25冊。 「おうちで楽しむにほんの行事」(技術評論社)はロングセラー。「知っているとうれしいにほんの縁起もの」(徳間書店)「ほんとうの和の話」(文藝春秋)など  お仕事のご依頼はこちら saijikist*gmail.com(*を@にかえて下さい)

新刊のご案内「鳩居堂の歳時記」

_SX398_BO1,204,203,200_





















9月 29日に新刊「鳩居堂の歳時記」(主婦の友社)が発売になります。
広田千悦子の文と絵で構成。アマゾンで予約はじまりました。

「くらし歳時記」の連載より「天の川」


P9110009









東京新聞中日新聞に連載「くらし歳時記」より。写真・
広田行正 文・広田千悦子 「天の川」連載開始からあと少しで10年目に入ります。生活面に掲載。








 

「くらし歳時記」の連載より「稲の花」


P8310003









東京新聞・中日新聞の連載「くらし歳時記」より。「稲の花」文・広田千悦子 写真・広田行正
連載開始からあと少しで10年目に入ります。 

「きものせいた」でお迎え馬作り


_DSC0443














鎌倉の「きものせいた」にて広田千悦子の「お盆のしたくとにほんのお盆についてのお話」が開催されました。お盆のお話のあとに三重県のマコモを使い手作りのお迎え馬を作りました。次回の「季節を愉しむにほんの暮らし」のワークショップは「きものせいた」で10月に開催予定です。
_DSC0542

















_DSC0600

















_DSC0534


 














_DSC0555 

















_DSC0613

















_DSC0646 

















_DSC0660 

広田千悦子のワークショップ「鎌倉・きものせいた」にて


20160809DM-05 

















20160809DM-01 













広田千悦子のお話会&ワークショップのご案内です。

「お盆のしたくとにほんのお盆についてのお話」

日時2016年8月9日(火)16時30分〜18時30分

場所「きものせいた2階」鎌倉市小町1−7−2

☎︎0467−22−9230
参加費¥4320(材料費・お弁当代込)
お申し込みは店頭またはお電話でお願いいたします。

「きのこらぼ」のトレンドコラム


30 














「きのこらぼ」(ホクト株式会社運営)のトレンドコラムに広田千悦子「ニッポンの夏の過ごし方。涼を感じる暮らしの知恵」がアップされました。今月は毎週記事がアップされる予定。撮影は広田行正が担当。


 

広田千悦子の季節のワークショップ「紫陽花の花守り×ヨモギのもぐさづくり」が開催されました。


_DSC2186 













「秋谷四季」にて広田千悦子の季節のワークショップ「紫陽花の花守り×ヨモギのもぐさづくり」が開催されました。「秋谷四季」の庭の紫陽花、ヨモギを使い、紫陽花守りともぐさを作りました。6月29日(水)にも開催予定です。お申し込みはこちらよりお願いいたします。
_DSC2201

















_DSC2375_DSC2337













 






_DSC2297_DSC2612_DSC2601_DSC2716 

広田千悦子の季節のワークショップ開催案内


13509074_1634497026873250_826741601359682094_n


































13510758_1634497086873244_979467242126656832_n



























6月25日(土)と6月29日(水)(14時〜16時)に「スタジオ秋谷四季」(横須賀市秋谷2−14−18)にて作家・広田千悦子の季節のワークショップを開催します。楮の和紙を水引で結んで「紫陽花の魔よけ花守りとよもぎのもぐさづくり」をします。季節のお話は災いや病を除け、商売繁盛や金運、人気などを高めてくれるという紫陽花の花守りの習わしにまつわる話と、悪月と呼ばれる今の時期のふだんの厄よけ、たとえばよもぎの邪気をはらう力についてなどです。季節の習わしぜひご一緒しましょう。お申し込みはこちらからお願いいたします。

「読売KODOMO新聞」掲載の記事


スキャン 1 
















「読売KODOMO新聞」(5月5日発行)に広田千悦子の話「ショウブ飾り悪い気を払う」が掲載されました。

スキャン





 

五穀屋の「五季」が「所さんのニッポンの出番」で紹介されます。


13006752_1116139101770157_4321241100678013635_n 


















本日19時から「所さんのニッポンの出番」(TBS)にて、広田千悦子がアドバイザー(和菓子のネーミングや紹介文などなど)を担当する五穀屋の和菓子の中から発酵さしすせそ羊羹"五季"が紹介されます。
移り変わる五つの季節(春夏秋冬+土用)を5種の彩りで表現しています。日本人の心と職人の手技がぎゅっと詰まった玉羊羹です。
是非ご覧ください。五穀屋は4月下旬に「銀座松屋」店をオープンします。
ギャラリー
  • 広田千悦子の新サイトオープン
  • 連載「くらし歳時記」「お盆のお供え」
  • 鎌倉での季節のワークショップ
  • 鎌倉での季節のワークショップ
  • 鎌倉での季節のワークショップ
  • 東京新聞・中日新聞の連載「くらし歳時記」
  • 「SALUS」8月号 連載「広田千悦子の暦と暮らす十二ヶ月」
  • 東京新聞・中日新聞の連載「くらし歳時記」
  • 東京新聞・中日新聞の連載「くらし歳時記」